ファミリーマートの明太海苔弁当はピリッとからし明太子のワンポイント

2021年7月20日

ファミリーマート明太海苔弁当を食べてみました。

からし明太子がのってたりコロッケがあったりと、セブンイレブンののり弁当に似ています。

おかずの種類やスタイルはのり弁当の定番の流れです。

スポンサーリンク

ファミリーマートの明太海苔弁当

明太海苔弁当紹介

明太海苔弁当

明太海苔弁当

2019年12月現在の価格は税込み430円
          (本体価格399円)

のり弁当の定番スタイルが守られたタイプです。

おかずの種類は、セブンイレブンとほぼ同じ構成になっています。
からし明太子がのっているところまで同じ。

ただ若干ですが、白飯の量はファミリーマートの方が多いような気がしました。

どちらが先かは分かりませんが、やはりライバル視しているのでしょうか?

スポンサーリンク

メインのおかず3品

メインおかずの3品。

白身魚フライはほきフライと明記されています。
使っている魚の名前を、食品表示にきちんと明記しています。

タルタルソースも合わさって、しっとり食感白身魚フライです。

ちくわ磯辺天はおそらく皆さんの想像通りの味です。
ごくごく普通のちくわ天。

コロッケもシンプルなタイプで想像通りです。

ちなみに弁当に使われている白身魚フライは、大体の会社がほきを使っています。

他社のコンビニも同じなのですが、作り置きタイプのため揚げ物の衣はしっとりしています。

サブ的なおかず3品

副菜も3品。

卵焼は厚焼き玉子風。
甘さは控えめ、しっかり感があるタイプです。

ごぼうこんにゃく人参きんぴらは口直し用。
味付けは薄め。

お新香はしば漬けだと思います。

おかずは全品、ごくシンプルな味付けです。

明太おかかのりごはん

海苔の上にあるからし明太子は、ピリッとしていいアクセントになっています。
このワンポイントはうれしい限り。

海苔の下には、ゼラチン状のおかかが白飯に染み込んでいます。

お米は国産米を使用しています。

スポンサーリンク

お薦めポイント

ほとんどセブンイレブンの明太のり弁当と同じ構成です。
正直、個人的には味の違いもそれほど感じません

値段はセブンイレブンに軍配が上がります。
白飯のボリュームは、ファミリーマートの方があるように思います。

どちらの明太海苔弁当が良いかは、個人的な好みが大きいかと

からし明太子のピリッと感が、ちょっとだけ上だったかもです。

チョットなポイント

ごぼうこんにゃく人参きんぴらよりは、セブンイレブンの焼きそばの方が好み。

ファミリーマートが好きな人。
セブンイレブンが好きな人。

好みは人それぞれ・・・

まとめ

わざわざ買いに行くほどの違いは、私には感じられませんでした。
ご自宅や職場のお近くにあるのが、ファミリーマートなのかセブンイレブンなのか

それが一番のポイントかも知れません。

私がファミマを選ぶとき、必ず買うのがファミチキ
お弁当にファミチキが定番です。

以上ファミリーマートの明太海苔弁当でした。

他のコンビニののり弁の記事です。
よろしければ、こちらもどうぞ!