ヤオコーのシビれる旨さ!台湾まぜ飯は辛さほどほどでも食後はジワジワ

ヤオコーシビれる旨さ!台湾まぜ飯を食べてみました。

知っていたけど食べたことなかった「台湾まぜそば&飯」

お弁当で台湾まぜ飯を見つけたので購入してみました。

スポンサーリンク

ヤオコーのシビれる旨さ!台湾まぜ飯

「台湾まぜそば」の発祥は愛知県名古屋市。
麺の上に台湾ミンチ(ピリ辛の挽肉そぼろ)を乗せた汁ナシ麺になります。

台湾まぜ飯のパッケージ

台湾まぜそばのシメに白飯を入れて食べるご飯。
諸説ありますが、これが「台湾まぜ飯」の始まりだという話があるそうです。

シビれる旨さ!台湾まぜ飯の紹介

シビれる旨さ!台湾まぜ飯

シビれる旨さ!
台湾まぜ飯

2022年1月現在の価格です。

税込み価格は410.40円
(税抜き380円)

名古屋めしのひとつと言える台湾まぜ飯のお弁当です。

カロリーは559kcalです。

台湾ミンチの他、いくつものトッピングがのっかってます👇

ヤオコーのシビれる旨さ!台湾まぜ飯

トッピングをひとつづつご紹介。

ガーリックチップ
刻み海苔👇

ガーリックチップと刻み海苔

揚げてあるせいか、けっこうなにんにく臭です。

ニラ温泉卵👇

ニラと温泉卵

油でテカテカしたニラ
プルプルした温泉卵は少し固め。

紅ショウガ
台湾ミンチネギ👇

紅ショウガと肉味噌とネギ

台湾ミンチはまあまあ辛め。

台湾まぜ飯の名前にある通り、しっかりと混ぜてからいただきます👇

しっかり混ぜた台湾まぜ飯

適度な油でテカテカしてます。

台湾まぜ飯を一口

辛さがあった台湾ミンチですが、混ぜて食べると辛さが和らいだ感じがします。

温泉卵のマイルドさが、台湾ミンチの辛さとにんにくの風味をまろやかにしてます。

魚粉入りのようで、粉っぽいの味と風味がしました。

ときどき紅ショウガが顔を出しますが、それでもにんにくの主張は強めです。

食感はガーリックチップもあって、まろやかな中からシャリカリがやってきます。

花山椒もそこまで厳しくありません。
ピリ辛の中からにんにくと魚粉の風味が抜けてくる感じです。

食べてる最中はそれ程感じなかった辛さシビレ

食べ終わった後からジワジワきました。

お薦めポイント

辛さほどほどでまったりした食感の台湾まぜ飯

花山椒のビリビリは抑えめなので食べやすいと思います。

でも、食後はジワジワきます。

チョットなポイント

ガーリックチップの苦みが残ります。

食べてるときは「ほどほど」でも、辛さとシビレは食後にきます。
苦手な方は要注意です。

一番の「チョットな」は、コストパフォーマンス。
ちょっと小さすぎかなと・・・

まとめ

最初はそのまま食べましたが、途中から温めなおして食べました。

個人的には温かい方が美味しかったです。

温泉卵が固まるのがイヤならば、避けてからチンしましょう。

以上ヤオコーのシビれる旨さ!台湾まぜ飯でした。