ヤオコーの妙義舞茸と栗の炊込みご飯弁当でやさしい山の幸の味を感じます

2021年7月20日

ヤオコー妙義舞茸と栗の炊込みご飯弁当を食べてみました。

秋は山の幸が美味い季節。
キノコ類はまさに旬です。

旨みタップリの舞茸と、こちらも秋の味覚のが主役の炊込みご飯弁当。

やさしい和食弁当です。

スポンサーリンク

ヤオコーの妙義舞茸と栗の炊込みご飯弁当

舞茸は新潟県の「雪国まいたけ」が有名ですが、群馬県も生産量では上位の県です。

今回紹介するお弁当には、群馬県妙義産の舞茸が使われています。

妙義舞茸と栗の炊込みご飯弁当の紹介

ヤオコーの妙義舞茸と栗の炊込みご飯弁当

妙義舞茸と栗の炊込みご飯弁当

2020年11月現在の価格です。

税込みは429円。
(本体価格398円)

舞茸を使った、秋らしい炊込みご飯のお弁当です。

おかずも含め、和の雰囲気があるお弁当です。

カロリーは571kcalです。

スポンサーリンク

パッケージにはこう表記されています👇

炊込みご飯のパッケージ

群馬県妙義産舞茸使用
舞茸の旨味と、八方出汁が決めて

まずは炊込みご飯からご紹介👇

炊込みご飯のアップ

舞茸は歯ごたえコリコリで、香りもフワッと鼻を抜けます。
個体差だったのか、は写真で見えるだけしかなく、何ともいえず・・・

舞茸はしっかり入ってます。
出汁がほんのり感じられる、薄味の炊込みご飯です。

おかず全品がこちら👇

おかず全品

ひじき煮、漬物、エビしんじょ、ペンネ、コロッケ、ゆで卵。

大きさ的にもメインのおかずと思われる2品を紹介します。

エビしんじょ👇

エビしんじょ

ふんわり食感のエビしんじょ

レンコンのシャキシャキ食感も混じってきます。
エビの風味が奥の方からフワッと感じられます。

コロッケ👇

コロッケ

こちらも秋が旬のかぼちゃコロッケです。

かぼちゃだけあって、甘く滑らかな味。
しっとりした食感コロッケです。

秋が旬の食材を多く使い、素材を感じられる味付けで仕上げられたお弁当です。

スポンサーリンク

お薦めポイント

が少なかったのが残念ですが、舞茸はたくさんです。
素材を活かした山の幸の味を楽しめます。

あっさり味で、舞茸の味をしっかり感じられる炊込みご飯です。

おかずも薄口ですが、いろいろな味が揃っています。

チョットなポイント

お腹に優しい、薄味なご飯とおかずのラインナップ。

がっつり食いたいヘビーな気分の日や、こってり好きには物足りなく感じます・・・

まとめ

炊込みご飯のお弁当は、あっさりしたものが多い印象です。
こちらのお弁当も、全体的にやさしい薄味に感じました。

体の事を考えて、少しはライトな食事にしようとも思いますが・・・
いまだに朝からラーメン🍜食ってます・・・

以上ヤオコーの妙義舞茸と栗の炊込みご飯弁当でした。