ベルクスのレバニラde中華プレートはたっぷりレバーと搾菜が白飯にマッチ

ベルクスレバニラde中華プレートを食べてみました。

スタミナがつくメニューと言ったら、思いつく料理の一つがレバニラ炒めではないでしょうか。

収まりそうもないウイルスの脅威。
次々現れる新型株。

レバーを食って免疫力アップです。

スポンサーリンク

ベルクスのレバニラde中華プレート

副菜で付いてくる搾菜の豆知識から。

搾菜はアブラナ科アブラナ属の越年草。
同じ仲間に芥子菜があり、芥子菜の変種が高菜です。

私が一番最初に思いつくのは「桃屋の搾菜
ちょっぴり辛くて美味しい漬物です。

レバニラde中華プレートの紹介

レバニラde中華プレート

レバニラde中華プレート

2021年9月現在の価格です。

税込み価格は430.92円
(税抜き399円)

レバニラ炒めがおかずのメイン。
副菜には搾菜たくあん

中華定食のようなお弁当です。

スポンサーリンク

こちらがおかず全品👇

レバニラ他おかず全品

レバニラ炒めの構成は、レバーニラの他にもやしが入ってます。

搾菜たくあんが両サイドに陣取ってます。

レバニラ炒めのアップ👇

レバニラ炒め

ニラもやしの存在感が薄くなるくらい、たっぷりレバーが入ってます。

レバー炒めと言っていいほどのボリュームです。

レバニラ炒め実食👇

レバニラのアップ

タレはオイスターソース系だと思いますが薄味です。
レバーの味が前面に出てきます

奥の方に少しだけ、スパイスっぽさを感じます。

いっぺんに頬張ると、タレの汁っ気にレバーの風味ともやしの食感が包まれます。
最後にニラがフワッとくる感じです。

レバーらしいパサパサ感もありますが、タレが汁っ気あるので気になる程ではありません。
もやしのシャキシャキ食感も、レバーの旨さをさらに引き立てています。

レバニラ炒めにはやっぱり白飯!👇

大盛の白飯

たっぷり大盛です!
ガツガツかっ食らうことが出来て、大盛白飯はありがたい限りです。

こちらが搾菜👇

搾菜

コリコリした食感
ピリッと辛い味付け

この搾菜のワンポイントは個人的に高ポイント!

スポンサーリンク

お薦めポイント

レバー臭さはありますが、食べられない臭いではありません。

白飯に合うレバニラ炒めとピリッと搾菜で食が進むお弁当です。

チョットなポイント

レバーは好き嫌いがはっきりしてる食材。
当然ですが、レバーが苦手な方はやめときましょう・・・

やはり、独特のレバー臭さは感じますので・・・

まとめ

我が家ではみんなレバーは好き
ですが家で調理は滅多にありません。

レバニラ炒めは買って食べるのがほとんど。
スーパーや町の中華屋さんには、ほんとお世話になってます。

以上ベルクスのレバニラde中華プレートでした。