ほっともっとの幕の内弁当(とり肉と野菜の土佐酢あんかけ)の紹介

2021年2月10日

ほっともっと幕の内弁当(とり肉と野菜の土佐酢あんかけ)を食べてみました。

久しぶりの幕の内弁当食べ比べ。
5個目はほっともっとです。

たくさんのおかずが楽しめる幕の内弁当。
ほっともっとのおかずのラインナップが楽しみです。

スポンサーリンク

ほっともっとの幕の内弁当(とり肉と野菜の土佐酢あんかけ)

ほっともっとは、とり肉と野菜の土佐酢あんかけをメインにした幕の内弁当です。

焼さばも入ってます。
こちらも充分にメインになりそうな大きさです。

幕の内弁当(とり肉と野菜の土佐酢あんかけ)の紹介

ほっともっとの幕の内弁当(とり肉と野菜の土佐酢あんかけ)

幕の内弁当(とり肉と野菜の土佐酢あんかけ)

2020年3月現在の価格です。

税込みは590円。
(本体価格547円)

白飯の大盛は50円増し。
小盛は20円引き。

もち麦ご飯に変更は
(大)80円増し、(中)30円増し、(小)10円増し、

国産米使用です。
カロリーは765kcalです。

スポンサーリンク

おかず全品はこちら👇です。

幕の内おかず全品

一品ずつご紹介します。

焼さば

さば

ふっくらした焼さばです。
脂も程よくのってます。

減塩醤油もついてきます。
お好みでどうぞ。

煮物おひたし

煮物

煮物にはしいたけ人参こんにゃくタケノコ

おひたしには油揚げ小松菜人参

焼さばは塩加減も良く、白飯がすすむ味です。

煮物醤油ベースでやさしい甘さです。
よく味が染み込んでいます。

タケノコがシャキシャキで、春を感じます。

おひたしは薄めの味付けで、野菜自体の旨さが目立ちます
かけられているゴマの風味がワンポイントになってます。

とり肉

とり肉

とり肉は唐揚げになってます。

ジューシーなとり肉です。
衣がカリッとして食感もうれしいです。

茄子

茄子

酢揚げした茄子です。

ちょっとベチャッとしてますが、皮までやわらかく仕上がっています。

とり肉茄子には、土佐酢あんかけで味付けされています。
トロッとした甘酸っぱいあんかけが、揚げ物2品をさっぱり美味しくしています。

すっぱさの方が強めのあんかけです。

白飯には梅干しとゴマがのってます。

白飯

箸休めの高菜漬けには、千切りのたくあんが混ぜられています。
高菜たくあんパリポリ食感が、他のおかずにはないアクセントになってます。

スポンサーリンク

お薦めポイント

土佐酢あんかけで、さっぱり食べられるとり肉
魚と野菜もあって、栄養バランスもよさそうです。
箸休めの漬物も、しっかり白飯のお供になってます。

煮物、焼き物、揚げ物。
違った調理法で、たくさんのおかずが楽しめるお弁当です。

チョットなポイント

ちょっと茄子が油っこいです。
ベチョッとしちゃってます・・・

まとめ

いくつかの幕の内弁当を食べてみて感じました。

幕の内弁当は、少しずつ色んな種類のおかずを食べられるのが魅力かも知れません。

以上ほっともっとの幕の内弁当(とり肉と野菜の土佐酢あんかけ)でした。