ヤオコーの野菜を食べよう♪ビビンバ丼はごま油香る程よいピリ辛ご飯もの

2021年7月20日

ヤオコー野菜を食べようビビンバ丼を食べてみました。

子どもの頃は焼肉と言えば白飯でしたが、大人になってからはビールのお供になりました。

飲んで食って最後のシメにはご飯もの。
石焼ビビンバはシメによく食べたメニューです。

今夜の家飲みのシメに、お弁当でビビンバ丼を買ってみました。

スポンサーリンク

ヤオコーの野菜を食べよう♪ビビンバ丼

ビビンバは韓国料理のひとつ。
ナムルなどをごはんの上に乗せて、ジャンやごま油で味付けした料理です。

日本では焼肉屋のご飯ものメニューの印象があります。

肉を乗せたり魚介を乗せたり種類もいろいろ。
熱々の器でおこげが嬉しい石焼ビビンバも美味いです。

野菜を食べよう♪ビビンバ丼の紹介

野菜を食べようビビンバ丼

野菜を食べよう♪ビビンバ丼

2021年5月現在の価格です。

税込み価格は429.84円
(税抜き398円)

野菜たっぷりのナムルが乗っかったビビンバ丼

ナムルにかかっている赤茶色のタレは、ピリ辛コチジャンです。

カロリーは678kcalです。

スポンサーリンク

ビビンバ丼をパートごとに紹介です。

小松菜ゼンマイ👇

小松菜とゼンマイのナムル

ナムルらしく、ごま油の香りが鼻を抜けてきます。
ゼンマイがいい歯ごたえです。

半熟玉子👇

半熟玉子

黄身にトロミは残ってますが、少し固めの半熟具合です。

挽肉大根ナムル👇

挽肉と大根ナムル

挽肉は肉味噌っぽい旨みが感じられます。
大根ナムルは甘さと酸っぱさが入り混じってます。

ナムルを一周するように、ピリ辛コチジャンがかかっています。
これだけで舐めてみたら、けっこうな辛さがありました。

ナムルと白飯をしっかり混ぜてみました👇

よく混ぜたビビンバ丼

やっぱりビビンバはこの食べ方が一番!

ビビンバ丼の一口アップ

ピリ辛コチジャンが効いてて、韓国料理らしいピリ辛の味になってます。

ですがしっかり混ぜれば半熟玉子のまろやかさナムルの甘酸っぱさ、さらには白飯と混じり合っていい塩梅の辛さに中和されます。

ごま油の香り程よい辛さが口いっぱいに広がって、焼肉屋っぽい雰囲気を味わえます。

スポンサーリンク

お薦めポイント

際立ったところはありませんが、辛さも程ほどで食べやすいビビンバです。
混ぜずにナムルと白飯で食べても良し。

お手軽に焼肉のシメ気分になれるビビンバ丼です。

お新香が甘酸っぱくて、辛さの中和に一役買ってます。

チョットなポイント

口に残る辛さはありますので、苦手な方はご注意を。

そして、ごま油の好き嫌いで評価がはっきり分かれるでしょう・・・

まとめ

「野菜を食べよう♪」の通りに、しっかり野菜のナムルです。

肉味噌もあるので、食べ応えもそこそこにあります。

以上ヤオコーの野菜を食べよう♪ビビンバ丼でした。