セブンイレブンの柿安監修牛すき焼丼は白飯にピッタリな濃い味すき焼き

セブンイレブン柿安監修牛すき焼丼を食べてみました。

日本料理の代表格のひとつ「すき焼き
私のイメージは「美味い醤油が肉を旨くする料理」

そんなすき焼きがセブンイレブンで気軽に買えちゃいます。

スポンサーリンク

セブンイレブンの柿安監修牛すき焼丼

牛すき焼丼のパッケージ

「柿安」監修によるセブン-イレブン専用の割り下を使用した牛すき焼をごはんに乗せました。
牛肉の煮汁で野菜と豆腐を煮ることで、牛肉の旨味と甘味を閉じ込めた一体感のある味わいに仕上げています。

セブンイレブン公式サイトより引用

柿安監修牛すき焼丼の紹介

柿安監修牛すき焼丼

柿安監修
牛すき焼丼

2021年12月現在の価格です。

税込み価格は680.40円
(税抜き630円)

柿安監修の牛すき焼のぶっかけ丼です。

カロリーは593kcalです。

私の「柿安」のイメージはデパ地下の総菜。
彩り良くて、見た目からして美味そうな総菜がたくさん並んでます。

スポンサーリンク

まずは開けてみます👇

牛すき焼丼は2段重ねのチルド弁当

牛すき焼丼は2段重ねのチルド弁当です。

具材を見てみます👇

温め前の牛すき焼

牛肉半熟玉子焼豆腐白菜椎茸しらたき人参ごぼう

正統派なすき焼きのラインナップです。

レンジ加熱目安は500Wで3分。
1500Wで1分👇

温めたら白飯に乗せる

そそぎぐちから白飯に流し込みます。

熱くなってますので要注意。

柿安監修牛すき焼丼の完成です👇

柿安監修牛すき焼丼の完成

割り下はすき焼きらしく、甘くてしっかりした醤油味

照り具合を見ても、割り下が具材に染み込んでるのが分かります。
当然、白飯にも染み染みです。

それでは具材をひとつづつ。

牛肉👇

牛肉

割り下でジューシーです。
牛肉の旨みも感じられます。

椎茸👇

椎茸

歯ごたえコリッコリで、旨汁がジュワッと染み出てきます。

牛肉椎茸は染み込みが強いのか、少ししょっぱめに感じました。

焼豆腐👇

焼豆腐

舌触りよく、ほんのり甘味を感じます。

その他の野菜たち👇

白菜他野菜いろいろ

染み込んだ割り下が、野菜を甘く旨くしてます。

焼豆腐は美味しいんですが、個人的にはもっと割り下染み染みが良かった。
白菜人参は野菜自身の水分もあり、丁度いい醤油加減になってます。

スポンサーリンク

お薦めポイント

少し濃い目にも感じる割り下が染み込んだ具材
白飯との相性は抜群です。

白飯に乗っけてガツガツ食うのがピッタリな牛すき焼

白飯と別々よりも、ぶっかけの丼がしっくりきます。

チョットなポイント

すき焼きなんで、醤油のしょっぱさが強めです。
食べてる時は気にならなかったんですが、食後はとても喉が渇きました・・・

某有名牛丼チェーン店の牛すき系と比べると割高感が・・・

まとめ

コンビニで買えるすき焼き弁当
コストパフォーマンスはイマイチでも、ササっとすき焼きが食えるお手軽さがいい。

ちなみに今回の半熟玉子は評価無し。

温め前なのに黄身が見当たらない。
すでに割り下に溶けだしてました。

ちょっと残念・・・

以上セブンイレブンの柿安監修牛すき焼丼でした。